トップページ採用情報不動産管理・開発担当T.O.

T.O.

T.O.
不動産部課長 2005年入社

織戸組を選んだ理由は?

未経験者にも優しかったという点ですかね。私は中途入社なのですが、当時、経験やスキルといったものが無く、転職活動は大変苦労しました。その点、織戸組は「一緒に仕事をしたいか」といったような「人物」を重視してくれる面接であった印象があり(手前味噌で恐縮です…笑)、入社したいという想いを強く抱いたと記憶しています。また、不動産部ですので大規模倉庫や広大な土地を任されるというスケールのある業務内容に、未経験ながら魅力を感じた事も理由にあります。

これが私の仕事です!

当社が所有する不動産(土地・建物)の管理。プロパティマネジメントです。平たく言えば「他人任せにしないスーパー大家さん」でしょうか。その為、まずはクレーム・修繕依頼・要望等ダイレクトに対応しています。丁寧な対応を心掛け、顧客やその他利害関係者とのコミュニケーションを深めます。また、倉庫や店舗などの場合、特殊な機械が多く設備されています。時には専門性の高い話も顧客に伝えなければなりません。業者さん任せにするのではなく、自らも学び続ける姿勢も大切です。

職場の雰囲気について

少人数な部署でありますので、言葉のキャッチボールが比較的多い職場かなと思います。性別・役職問わず、ボールを投げ合っている印象(特に仕事外の話)です。勿論、皆さん締めるところは締めています。あしからずご承知おきください。

織戸組でやり甲斐を感じたときは?

特に印象に残っているものとしては、ある大手企業との賃貸借契約を締結させた時ですね。契約書の作成から、締結までの一連業務を担当しました。会社から任されているという使命感と緊張感を味わうことができました。契約に潜む様々な法的リスクを想定し、顧問弁護士とも打合せを重ね作り上げた契約書。一方的に有利な内容では、顧客との関係はうまくいきません。あくまで対等な立場であることを忘れず、当社が負うリスクの軽減に努めました。

これから織戸組で成し遂げたい事は?

不動産部に所属している以上、価値ある不動産を増やし続け、会社の発展に貢献する事。また、その成果であるところが大きいと思いますが、私が入社した時と同様に、将来の不動産部員が安定した収益の中で仕事ができる環境を整える事です。